編集長からのニュースレターお知らせ

足の裏痛くなる原因

こんにちは、ライトです。

緊急事態宣言も延長になり、外出自粛をしなければならない状況です。

その自粛の中、「足裏が痛くなる」人が増えています。

では、なぜ痛くなるのか?増えてしまっているのか?

今回は、そのことについてご紹介していきたいと思います。

自己紹介

編集長:ライト
普段は食事についての情報発信を行っている。
以前は、アメリカの足病医学を落とし込んだオーダーメイドインソールを作製し、1,000人以上、足を診させていただいてました。

こんな方にオススメ

・朝ベッドから起きる第一歩が痛い(徐々に慣れる)
・夕方になると足裏が痛くなる

目次

足の裏が痛くなる原因

足裏が痛い原因は、【足底筋膜炎】という症状がほとんどです。

もちろん他の原因もありますけど、こんな方は可能性が高いです。

・起きた時に、足をつく第一歩が一番痛い

・夕方ぐらいになると痛い


・最近歩くことが、少なくなった


・土踏まずあたりが痛い

・カカトあたりが痛い

などです。

人によって、体重をどこにかけて立っているかで変わってきます。

質問君

そもそも足底筋膜炎ってなに?

編集長ライト

足裏の筋膜(腱)が炎症を起こしちゃうんだ。

足裏が炎症を起こす理由

実は最近痛くなる方に多い傾向は、運動不足です。

外出自粛が一つの要因です。

編集長ライト

テレワークの人が、多かったですね。

過去に足を診させてもらった時、「イスに座ることが増えた」と皆さん言っていました。

つまり歩くことが減り、足裏の筋膜を使うことが少なくなったことが原因です。

イメージとしては、足裏の筋肉痛でいいと思います。

簡単に言うと
自粛→足裏筋膜低下→低下した状態で歩行→足裏筋膜炎症
になります。

質問君

朝一番だけ痛い人は?

編集長ライト

それは筋膜が修復するからなんだ。

筋肉(膜)は筋繊維が切れることで、より太くしようと就寝中修復します。

ただ朝一番に痛いのは、まだ身体が固く、修復しきれていない筋膜に体重数十キロを足裏にかけるからです。

なので、せっかく修復した筋膜がまた「ブチブチ」とちぎれてしまいます。

その時の痛みです。

全部ちぎれてしまえば痛みは、治まってきます。

質問君

じゃあ夕方痛い人は?

編集長ライト

足裏の筋膜の低下だね。

自粛がちで筋膜が弱くなっているので、炎症を起こしやすいです。

質問君

なんか対策はないのかな?

編集長ライト

今から伝えるね。

足底筋膜炎は、足のクセというものも大きく関係してきます。

本来ならそのクセをインソールで正したほうがいいですが、今回はお金がかからない方法でお伝えします。

足裏痛の対策

足裏痛の対策はとにかく、柔軟性と強化です。

これで改善する人もいますのでぜひ実践してみて下さい。

柔軟性

お風呂から出たら、親指と人差し指の間を広げて下さい

開いたら30秒キープ。

次に人差し指と中指の間を、開いて30秒キープ。

これを順に小指までやってもらい、終わったら反対の足へ。

お風呂上りにやるといいです。
お風呂上りは筋膜が柔らかくなっているので、より柔軟効果が高まります。

「テレビ見ながら~」のながらのが続けられます。

柔軟性を上げることによって、衝撃の力をうまく逃がすことができます。

強化

タオルギャザーという方法をご紹介します。

編集長ライト

知っている人も多いですね。

このタオルギャザーを数回繰り返していくと、足裏の筋膜が鍛えられていきます。

まとめ

最近足裏痛の方が、凄く増えています。

理由としては、外出自粛で足裏の筋膜が弱くなったことが原因。

その対策をするには、柔軟性と強化が必要。

指広げ運動や、タオルギャザーでしっかり対策していくといいです。

編集長ライト

ウォーキングなど人のいない
時間帯にするのもありですね。

それでは、このへんで。

編集長のひとり言

今回【足】について記事を書きました。

実は海外では「足だけの専門医」がいます。
腰から下しか診ないお医者さんです。

日本では整形外科が、足の範囲を担っています。

僕が足を診ていた時は「整形外科行ったけど、湿布出されて終わり」というお客さんもいれば、ちゃんと指導までしてくれる先生もいました。

なにか、そのバラつきがなくなるように、日本でも「足の専門医」ができればいいのにな、と思います。

それでは、またお会いできるのを楽しみにしています。

編集長:ライト

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライト
JADP:食育アドバイザー、JNWA:ウォーキング公認指導者の健康オタク
接客13年経験
趣味:読書
心と身体の健康について研究、発信しています!

コメント

コメントする

目次
閉じる