編集長からのニュースレター お知らせ

おすすめの禁煙方法

こんにちは、ライトです。

本日は禁煙する方法をお伝えします。

「禁煙したいけど、いつも失敗する」

「自分には禁煙できない」

なんて人も多いと思います。

今日は、意志の弱い人でも続けられる禁煙方法をご紹介します。

自己紹介

【食の編集室】編集長:ライト
JADP:食育アドバイザー

あらゆる【食】の情報を集め、編みブログとして発信。

「医者いらずのブログ」を目指しています。

過去の喫煙歴:10年ほど。
一日10本~15本程度。

こんな方にオススメ

・禁煙したい人

目次

やめる理由を決める

正直やめる理由がないと、禁煙はできません。

禁煙に成功する人は、

・子供が生まれたため
・健康の為
・経済的な理由のため

など、やめる理由があるから成功しました。

なので、まず自分が「なぜ禁煙する理由があるのか?」を考えることをおすすめします。

ポジティブシンキングに要注意

「自分にはできる。」

「やってやる。」

といったポジティブシンキングがあります。

やめましょう。

脳は、理想と現実の区別がつきません

なので、「できる自分」を想像することで満足してしまいます

そうなると禁煙に成功する前に、モチベーションが下がり成功しません。

編集長ライト

日本人は、人種的にも向いてません。

記録を付ける

自分がたばこをどんな時に吸っているのか確認して下さい。

ノートなどに書いていくといいです。

習慣とは怖いもので、大体たばこを吸う時って決まっています。

朝起きたら、なんとなく一服。
ご飯食べ終わったら一服。
出勤前に一服。



晩ご飯を食べたら一服。

つまり、この行動を把握しておくことで対策がとれるのです。

朝起きたら→ガムを噛む
ご飯食べ終わったら→歯を磨く

などです。

失敗するイメージがなければ、対策もとれません。

予測不可能な出来事も記録する

実際に起こりそうなトラブルも記録しておきましょう。

・上司と揉めてイライラして一服
・急な飲み会が入り一服

などです。

実際には記録というよりも、「想像する」です。

前述した通り、脳は理想と現実の区別ができません。

つまり禁煙を妨げるトラブルを理解することで、脳は「このトラブルを乗り越えれば大きなメリットが得られるのだな」と良い意味で勘違いしてくれるのです。

吸いたい気持ちになった時の対策を考える

たばこの場合ニコチン切れで、

B君

たばこが吸いたくてしょうがない。

なんて時があります。

その時の常備策を考えておきましょう。

例えば、
・ニコチン入りのガムを噛む
・お菓子を食べる
・水をたくさん飲む
など。

注意を逸らせるものが一番良いです。

失敗する日を設定しておく

「チートデイ」と呼ばれるものです。

以前ダイエットの記事にも書きましたので、詳しくはコチラ↓

簡単に説明
失敗する日をあらかじめ設定。
→失敗する日まで頑張れる

ということです。

このチートデイを設定することで、禁煙自体やめることを防げます。

まとめ

やめる理由を明確にする

事前に失敗しそうなイメージをして、対策をとっておく

意識すべきは、この2点です。

できなくても、どうやったら禁煙できるかを考えてトライするといいです。

まずは「自分のことを知る」ところからですね。

健康のために頑張っていきましょう。

それでは、このへんで。

編集長のひとり言

全然参考にならない編集長の禁煙方法

「たばこって、そもそも人生において必要なモノか?」

ライトの結論:いらない

僕は突き詰めたら、この答えになりました。

「たばこを吸うのが唯一の幸せ」という人でない限りは、大体この答えになると思います。
それでは、またお会いできるのを楽しみにしています。

編集長:ライト

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライト
JADP:食育アドバイザー、JNWA:ウォーキング公認指導者の健康オタク
接客13年経験
趣味:読書
心と身体の健康について研究、発信しています!

コメント

コメントする

目次
閉じる